着物

二十歳の晴れ姿

着物

写真撮影と振袖レンタルがセットになったプランなら、振袖を購入するよりも安く済みます。また、今の時代は何でもレンタル出来て費用も安い為に、振袖レンタルサービスを提供するお店もどんどん増えていくと思います。

Read more...

着物を着なくなった日本人

着物

日本では和装をする機会が減っており、特別な時に着るものになってきています。利用するときにはレンタルを選ぶ人が多く、一式揃えて借りることが出来るのでとても便利です。クリーニングや管理の手間もないのです。

Read more...

最近の着物事情

着物を着る機会の減少

着物

留袖は既婚女性が着る着物で、袖が短くなっているのが特徴です。柄は裾のみに入っており、全体的に落ち着いた雰囲気となっています。黒色の生地で作られた黒留袖は結婚式で親族の女性が着るものとして知られており、背中や袖などに家紋が入っているという特徴があります。 一方で、袖の長い着物は独身の若い女性が着るものとして知られています。その他にも着物には着る人の立場や場面によって使い分けるというルールが存在しています。 近年はそのルールが柔軟になりつつありますが、これからも伝統として受け継いでいくべきものと認識されており、成人式には多くの女性が振袖を着て成人式に参加しています。着物を着る機会が減少する中にあって、成人式や結婚式が着物を着る貴重な機会となっています。

洋服を選ぶ人も

振袖と同様に、留袖もレンタルすることが出来ます。留袖を着る機会はそれほどありませんので、購入せずにレンタルがを利用する人が少なくありません。結婚式を行う機会の多い結婚式場やホテルのレンタルショップにはいろいろな留袖が用意されています。 留袖をレンタルするときに気になるのが家紋についてです。留袖には家紋が入っていますが、レンタルの着物の場合はよく使われている家紋が選ばれています。気にならない人はそのままでも問題ありませんが、自分の家紋の着物を必要としている場合には特別なシールで貼ることも出来ます。 最近は親族の女性でも洋服を選ぶ人が増えています。留袖を着る機会は徐々に減っていく可能性もありますが、レンタルサービスがあることで歯止めをかけることに繋がるかもしれません。

ネットで買うことが出来る

PC

インターネットを使い通販で買うときには、着物のサイズやコンディションに注意して買いましょう。また、通販の特徴は自宅に居ながら買うことができ、たくさんのお店を手軽に回ることができるうえに、好きな支払い方法で買うことができます。

Read more...