着物

着物を着なくなった日本人

特別な時に

着物

世界に目を向けるとたくさんの民族衣装があることが分かります。現在も多くの人が身につけている地域がある一方で、日本では徐々に着る機会が失われている現実があります。その理由はいくつかありますが、ひとつには洋服の方が安価で動きやすいということがあります。また、洗濯がしやすいことなどの扱いやすさも洋服が選ばれる理由です。現代人の生活にマッチしているのは洋服の方なのかもしれません。 数少ない和装の機会といえば結婚式や成人式です。これらの機会には多くの人が和装を選択しており、多く利用されているのがレンタルサービスです。業界でもこの機会を逃すまいと力を入れており、便利なサービスが続々と登場しています。 今後は特別な時に和装をするのが主流となるでしょう。

借りれば安心

和装をするには様々なアイテムが必要になります。着物が1枚あっただけでは和装をすることが出来ず、帯やひも、足袋や草履なども和装にあったものを用意する必要があります。これらを一式揃えるのは大変ですが、レンタルすれば一式を借りることができます。気付けはもちろんのこと着物にあったメイクや髪型もお願いできるので、最近のレンタルサービスはとても便利です。 レンタルを利用するもう一つの利点は管理しなくて良いことです。クリーニング代がレンタル料に含まれていることが多いですが、自分でクリーニングに出すことを考えればそのまま返却できることはとても手軽です。自宅に保管することを考えたら大幅に手間を省くことが出来ます。 不慣れな和装を手軽に味わえるのがレンタルサービスの利点と言えるでしょう。